キンモクセイの何か

ブログに書くほどのことではありませんが、日々起こったことや思うことをつらつらと

2018年12月13日デボーション

※ハイクに投稿したものと同じ文章です。

 

先ほど読んだ箇所から↓

そこでわたしは、わたしに呼びかけたその声を見ようとしてふりむいた。ふりむくと、七つの金の燭台が目についた。それらの燭台の間に、足までたれた上着を着、胸に金の帯をしめている人の子のような者がいた。そのかしらと髪の毛とは、雪のように白い羊毛に似て真白であり、目は燃える炎のようであった。その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、声は大水のとどろきのようであった。

ヨハネの黙示録 1:12-15

世界観が違う…!
ヨハネの黙示録、一章からかっ飛ばしてます。

わたしは彼を見たとき、その足もとに倒れて死人のようになった。すると、彼は右手をわたしの上において言った、「恐れるな。わたしは初めであり、終りであり、また、生きている者である。わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である。そして、死と黄泉とのかぎを持っている。そこで、あなたの見たこと、現在のこと、今後起ろうとすることを、書きとめなさい。あなたがわたしの右手に見た七つの星と、七つの金の燭台との奥義は、こうである。すなわち、七つの星は七つの教会の御使であり、七つの燭台は七つの教会である。

ヨハネの黙示録 1:17-20

ヨハネが出会ったのはイエスだったようです。
黙示録に出てくる不思議なモチーフも、何かを象徴しているのだなぁ。

エペソにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『右の手に七つの星を持つ者、七つの金の燭台の間を歩く者が、次のように言われる。わたしは、あなたのわざと労苦と忍耐とを知っている。また、あなたが、悪い者たちをゆるしておくことができず、使徒と自称してはいるが、その実、使徒でない者たちをためしてみて、にせ者であると見抜いたことも、知っている。あなたは忍耐をし続け、わたしの名のために忍びとおして、弱り果てることがなかった。しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。

ヨハネの黙示録 2:1-4

こんな感じで、イエスは七つの教会へのメッセージを伝えていきます。
聖書や神様の知識があっても、愛がないと神様から離れていってしまうのですね…。
エスは一人一人の心も行いも全部見ていて、こうして欠けているところを教えてくれるのだなぁ。

2018年12月12日デボーション

※ハイクに投稿したものと同じ文章です。


今朝読んだ箇所から↓

愛する者よ。あなたが、兄弟たち、しかも旅先にある者につくしていることは、みな真実なわざである。彼らは、諸教会で、あなたの愛についてあかしをした。それらの人々を、神のみこころにかなうように送り出してくれたら、それは願わしいことである。

ヨハネの第三の手紙 1:5-6

ヨハネがガイオという人物に宛てた手紙です。
全ての人に親切にし、必要なものを与えるのは理想のクリスチャンの姿だなぁと思います(^^)
ガイオの愛ある行いをヨハネに証したガイオの周りの人々も素敵だなぁと思います。

あなたがたを守ってつまずかない者とし、また、その栄光のまえに傷なき者として、喜びのうちに立たせて下さるかた、すなわち、わたしたちの救主なる唯一の神に、栄光、大能、力、権威が、わたしたちの主イエス・キリストによって、世々の初めにも、今も、また、世々限りなく、あるように、アァメン。

ユダの手紙 1:24-25

この手紙を書いたユダは恐らく、12使徒の中に居た裏切らない方のユダですね(酷い言い様)。
ヨハネとユダの手紙には神様を知りながらこの世の欲に囚われて生きた人々について多く書かれていた気がします。
自分で気をつけるのも大事ですが、神様の守りを信用して神様に委ねるのも、クリスチャンに相応しい生き方をするのに重要ですね。

さて、明日からは新約聖書の最後を飾り、難解なことで有名な「ヨハネの黙示録」が始まります(`・ω・´)

2018年12月11日デボーション

※ハイクに投稿したものと同じ文章です。

 

今朝読んだ箇所から↓

わたしたちは人間のあかしを受けいれるが、しかし、神のあかしはさらにまさっている。神のあかしというのは、すなわち、御子について立てられたあかしである。神の子を信じる者は、自分のうちにこのあかしを持っている。神を信じない者は、神を偽り者とする。神が御子についてあかしせられたそのあかしを、信じていないからである。そのあかしとは、神が永遠のいのちをわたしたちに賜わり、かつ、そのいのちが御子のうちにあるということである。

ヨハネの第一の手紙 5:9-11

クリスチャンがクリスマスを大事にする理由がこの箇所にあります(気がします)。
クリスマスはイエスが降誕した日であり、神様の新しい約束の始まりの日であり、神様の大きな愛が示された日なのです。
お祝いしなきゃですね(`・ω・´)

わたしたちが神に対していだいている確信は、こうである。すなわち、わたしたちが何事でも神の御旨に従って願い求めるなら、神はそれを聞きいれて下さるということである。そして、わたしたちが願い求めることは、なんでも聞きいれて下さるとわかれば、神に願い求めたことはすでにかなえられたことを、知るのである。

ヨハネの第一の手紙 5:14-15

何せ全知全能の神様ですからね(`・ω・´)
祈りが神様に必ず聞いてもらえるのは本当に心強いです(^^)

あなたがたに書きおくることはたくさんあるが、紙と墨とで書くことはすまい。むしろ、あなたがたのところに行き、直接はなし合って、共に喜びに満ちあふれたいものである。

ヨハネの第二の手紙 1:12

ヨハネ、なんかかわいい…!
顔と顔を合わせて話した方がたくさん伝わるのは、今も昔も同じですね(`・ω・´)

2018年12月10日デボーション

※ハイクに投稿した文章と同じものです。

 

今朝読んだ箇所から↓

わたしたちは互に愛し合うべきである。これが、あなたがたの初めから聞いていたおとずれである。カインのようになってはいけない。彼は悪しき者から出て、その兄弟を殺したのである。なぜ兄弟を殺したのか。彼のわざが悪く、その兄弟のわざは正しかったからである。兄弟たちよ。世があなたがたを憎んでも、驚くには及ばない。わたしたちは、兄弟を愛しているので、死からいのちへ移ってきたことを、知っている。愛さない者は、死のうちにとどまっている。

ヨハネの第一の手紙 3:11-14

兄弟を愛そう(決意)
自分が人から憎まれるのはしょうがないと思うし「でも神様は私を愛してくれてるし」と思えるけど、自分が人を憎んでしまうのは、なんとかせねばなと思います。

なぜなら、たといわたしたちの心に責められるようなことがあっても、神はわたしたちの心よりも大いなるかたであって、すべてをご存じだからである。

ヨハネの第一の手紙 3:20

神様、人を憎む私をお赦しください。
人を愛する心をお与えください。

わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。愛する者たちよ。神がこのようにわたしたちを愛して下さったのであるから、わたしたちも互に愛し合うべきである。

ヨハネの第一の手紙 4:10-11

わたしたちが愛し合うのは、神がまずわたしたちを愛して下さったからである。「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者は、偽り者である。現に見ている兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することはできない。

ヨハネの第一の手紙 4:19-20

「愛」のスタート地点は常に神様なんだなぁ…。
というか今日の箇所はもう、何も言えねぇ…(悪い意味で)。悔い改めます。
人を愛することは難しい…

2018年12月9日デボーション

※ハイクに投稿した文章と同じものです。

 

今朝読んだ箇所から↓

今日からヨハネの手紙に入りました(`・ω・´)
恐らく洗礼者ヨハネではなく、12使徒の中にいた方のヨハネです(`・ω・´)

しかし、神が光の中にいますように、わたしたちも光の中を歩くならば、わたしたちは互に交わりをもち、そして、御子イエスの血が、すべての罪からわたしたちをきよめるのである。もし、罪がないと言うなら、それは自分を欺くことであって、真理はわたしたちのうちにない。もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。

ヨハネの第一の手紙 1:7-9

昨日迂闊な投稿をした私に力強い言葉です(*´∀`*)
神様は人には理解できないほど大きな愛を持っていて、その愛で全ての人の罪を赦してくれると思うのです。
私も光の中を歩きたいものです。

しかし、彼の御言を守る者があれば、その人のうちに、神の愛が真に全うされるのである。それによって、わたしたちが彼にあることを知るのである。「彼におる」と言う者は、彼が歩かれたように、その人自身も歩くべきである。

ヨハネの第一の手紙 2:5-6

私もイエスにならって生活したいです(`・ω・´)

2018年12月8日デボーション

※ハイクに投稿したものと同じ文章です。

 

今朝読んだ箇所から↓

この人々は、いわば、水のない井戸、突風に吹きはらわれる霧であって、彼らには暗やみが用意されている。彼らはむなしい誇を語り、迷いの中に生きている人々の間から、かろうじてのがれてきた者たちを、肉欲と色情とによって誘惑し、この人々に自由を与えると約束しながら、彼ら自身は滅亡の奴隷になっている。おおよそ、人は征服者の奴隷となるものである。

ペテロの第二の手紙 2:17-19

愛する者たちよ。わたしは今この第二の手紙をあなたがたに書きおくり、これらの手紙によって記憶を呼び起し、あなたがたの純真な心を奮い立たせようとした。それは、聖なる預言者たちがあらかじめ語った言葉と、あなたがたの使徒たちが伝えた主なる救主の戒めとを、思い出させるためである。

ペテロの第二の手紙 3:1-2

ペテロが手紙を送った先では偽教師たちが現れて、本来の教えから遠ざかる人が多くいたみたいです。
一度神様によって救われた人でも、この世の誘惑に囚われて救いから遠ざかってしまうのですね…。気をつけます。

愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。

ペテロの第二の手紙 3:8-9

主題とは外れますが、創世記で神様が七日間で世界を作り出した場面を思い出しました。神様から見て「一日」でも人間から見たらすごく長い時間に見えるのかしら…。
あっいけない、昨日「自分勝手に聖書を解釈してはいけない」と読んだのに…。
神様は人間から見て気が遠くなるほど昔から未来まで、全ての人が救われるのを待っているのだなぁ。

 

12月9日追記:今日の礼拝後、牧師先生にペテロの第二の手紙3章8節について訊いてみました!
先生曰く、神様は時間の概念も造られた方なので人のように時間に縛られていない、つまり人から見た「一日」と神様から見た「一日」は違うものである可能性があるとのことです。
時間を超越した方ですから、神様は人に作られたものとは違う区切りで時間を見るのですね。
※余りに壮大な話なので自分でも何を言ってるかよく分かってません。

2018年12月7日デボーション

※ハイクに投稿したものと同じ文章です。

 

今朝読んだ箇所から↓

同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。また、みな互に謙遜を身につけなさい。神は高ぶる者をしりぞけ、へりくだる者に恵みを賜うからである。だから、あなたがたは、神の力強い御手の下に、自らを低くしなさい。時が来れば神はあなたがたを高くして下さるであろう。神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。

ペテロの第一の手紙 5:5-7

自分が一応若者の部類に入るので(自分で言うのすごく嫌な感じですが)、響いた箇所です。
謙遜をもって人と接したいなと思います。
自分だけで悩まずに神様を頼りたいです。

こうして、預言の言葉は、わたしたちにいっそう確実なものになった。あなたがたも、夜が明け、明星がのぼって、あなたがたの心の中を照すまで、この預言の言葉を暗やみに輝くともしびとして、それに目をとめているがよい。聖書の預言はすべて、自分勝手に解釈すべきでないことを、まず第一に知るべきである。なぜなら、預言は決して人間の意志から出たものではなく、人々が聖霊に感じ、神によって語ったものだからである。

ペテロの第二の手紙 1:19-21

デボーションハイクをしているのでドキッとした箇所です(*_*)
時代によって聖書の解釈は変化してしまうかもしれませんが、神様が伝えたいことはずっと変わらないことを心に留めておきたいです。